ENVIRONMENT

品質・環境への取り組み

環境基本理念

アポロ電気(株)は、
宇宙船地球号の乗組員として、
かけがえのない地球環境の保全に
全社員あげて努めます。

品質方針

「CS経営を徹底追求し安心を提供する」
ことを最重要方針とする。
この方針を達成するため、
次に示す活動を進める。

2019年12月01日

アポロ電気株式会社 代表取締役

太田聡

環境方針

かけがえのない地球の環境を
全社員あげて保全に努めます。

環境基本理念
アポロ電気(株)は宇宙船地球号の乗組員として、かけがえのない地球環境の保全に全社員あげて努めます。
環境方針
環境理念に基づき、省資源・エネルギー・汚染予防を柱に、下記の環境方針を定める。

開発・製造・販売において、環境影響を考慮した活動をする。
省エネルギー商品の開発を積極的に進める。
環境の法律制および地域社会の要求事項を遵守すると共に、省資源・リサイクルを進め、ゼロエミッションを目指す。
環境汚染予防活動は、社内外問わず実践する。
環境方針は、社外の要求その他必要に応じ公開し、環境マネジメントシステム維持・改善をする。
2019年12月01日

アポロ電気株式会社 代表取締役

太田聡
環境活動
JAMP
アポロ電気は製品を通じて、環境保全活動を行っています。ISO14001の取得、アーティクルマネジメント推進協議会(通称:JAMP)への参加により、人と地球にやさしい製品の供給を行っております。
RoHS指令
RoHS
RoHS(ローズ)指令は電子・電気機器における、特定の有害物質の使用制限についての、欧州連合(EU)による指令で、2006年7月に施行されました。
2006年7月以降に生産された弊社標準製品は、各時代のRoHS指令(2002/95/EC)、(2011/65/EU)に対応しております。
特定フタル酸エステルまで対応したRoHS指令(2015/863/EU)対応については、順次対応中です。
OEM製品に関して
各企業のグリーン調達に積極的にご協力させていただきます。